ポリリンホワイトニング

従来の薬剤を利用したホワイトニングより、知覚過敏が出にくく、施術後の飲食制限が無いことから人気が出始めた「ポリリンホワイトニング」という方法です。このポリリンホワイトニングで使われている薬剤には、私たちを含む多くの生物がもともと体内に持っている「分割ポリリン酸」という物質が含まれています。

分割ポリリン酸は食品添加物としても用いられており、安全性も確認されています。ポリリンホワイトニングでは、分割ポリリン酸の他に、ホワイトニングに効果を発揮してくれる漂白剤の「過酸化水素」を合わせて施術しているところもあります。ポリリンホワイトニングでは、従来の薬剤を使った方法よりも歯がしみないというところも人気の1つとなっています。

ポリリン酸の特徴として、結合力が強く、歯の表面にあるタバコのヤニや茶しぶなどの汚れを取り除くという効果があります。更に、歯をコーティングしてツヤを出し、強化してくれるだけでなく、虫歯や歯周病の菌を寄せ付けません。

従来のホワイトニングの方法では歯がしみるのが気になってしまうという人や、ホワイトニングの安全性を気にされる人、施術後の飲食制限のストレスなくホワイトニングをしたいという人は、審美歯科でポリリンホワイトニングを試してみることもお勧めです。≪参考HP→大阪でポリリンホワイトニング: 湘南美容歯科

ホームホワイトニング

自分のペースに合わせてホワイトニングを試してみたいという人にはホームホワイトニングという方法があります。ホームホワイトニングでは、一度審美歯科で自分の歯の形を取ったマウスピースを作り、歯医者の指導の元、自宅でホワイトニングを行います

ホームホワイトニングを行う際には、体質や口内の状態がホワイトニングできる状態であるか歯医者で診てもらってから始めます。妊娠中の場合、薬剤が体に影響を及ぼす可能性もあるため妊婦さんのホワイトニングは控えましょう。

また、虫歯がある場合、薬剤がしみることがあるためよく相談の上で行ったほうが良いでしょう。その他、極端に歯並びが悪い人や未成年、薬剤に含まれる過酸化水素を体内で分解できない無カタラーゼ症の人はホワイトニングができません。

ホームホワイトニングは手軽にできるというメリットがある反面、効果が実感できるまでに時間がかかるというデメリットもあります。これは薬剤の濃度が審美歯科で行われる施術で使われているものよりも、安全性を考えて薄くされている点などが関係してきます。もし、結婚式などのイベントに合わせて早めに歯を白くしたいと考えている場合には、歯科医師と相談してオフィスホワイトニングを選択することをお勧めします。

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングは審美歯科で行われる施術です。オフィスホワイトニングには様々な方法があり、各方法によってかかる費用や施術時間などに違いが見られます。ここではよく用いられる方法について紹介します。

ホワイトニングの基礎を作ったのは、世界初のオフィスホワイトニングである「ハイライト」という方法です。歯にホワイトニング剤を塗布した後、ハロゲンライトを当てることで漂白していきます。1回あたり15分~30分程度の施術時間で済みますが、効果が弱いため、繰り返し施術が必要になります。このハイライトの方法を基にして、ライトの光源をダイオードレーザーなどに変えることで様々なホワイトニングの方法が出来上がりました。

光を使ったホワイトニングの方法で、現在最も優れていると言われている方法が「ブライトホワイト」です。この方法は、NASAの元科学者によって開発されたもので、アーチ型に配列されたプラズマライトを口の中に照射することで、一度に多くの歯を白くすることが可能です。

オフィスホワイトニングを試してみたいという人は、歯科医院のホームページやネットの口コミなどで信頼できる歯科医師を探しましょう。そして、何より信頼関係が重要になるため、料金の説明が明確で、しっかりと意見をヒアリングし、それに合わせた施術を提案してくれる歯科医院をお勧めします。

ホワイトニングの種類

接客業をしている人やタバコを吸う人、コーヒーや赤ワインなど色素がつきやすいものが好きな人の中には、歯の色について気にしているという人もいるのではないでしょうか。笑顔を見せたときに口元から覗く白い歯は健康的で清潔なイメージがあります。しかし、毎日丁寧に歯磨きをしていても、通常のブラッシングだけでは蓄積された色素を完全に取り除くのは困難です。こうした時には審美歯科へ行き、歯を白くするホワイトニングを試してみてはいかがでしょうか。

一口にホワイトニングと言っても、様々な種類があります。大きく分類すると、歯医者で行う「オフィスホワイトニング」と、歯医者の指導の元、自宅で行う「ホームホワイトニング」の2つに分けられます。また、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを併せて行う「デュアルホワイトニング」という方法もあります。それぞれ施術にかかる時間や費用なども異なるため、自分に合う方法を探してみましょう。

最近ではセルフホワイトニングのサロンや市販品のホワイトニング剤などもありますが、それらで使われている薬剤は濃度が低く、効果が出るまでに時間がかかると言われています。その点、歯科医師免許を持っている審美歯科であれば、濃度の高い過酸化水素という漂白剤を使うことができ、より早く効果を実感することができます。

当サイトでは、審美歯科で行われるホワイトニングの種類について紹介しています。ホワイトニングをしてみようかと考えている方は、参考にしてみてください。