ホワイトニングの種類


接客業をしている人やタバコを吸う人、コーヒーや赤ワインなど色素がつきやすいものが好きな人の中には、歯の色について気にしているという人もいるのではないでしょうか。笑顔を見せたときに口元から覗く白い歯は健康的で清潔なイメージがあります。しかし、毎日丁寧に歯磨きをしていても、通常のブラッシングだけでは蓄積された色素を完全に取り除くのは困難です。こうした時には審美歯科へ行き、歯を白くするホワイトニングを試してみてはいかがでしょうか。

一口にホワイトニングと言っても、様々な種類があります。大きく分類すると、歯医者で行う「オフィスホワイトニング」と、歯医者の指導の元、自宅で行う「ホームホワイトニング」の2つに分けられます。また、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを併せて行う「デュアルホワイトニング」という方法もあります。それぞれ施術にかかる時間や費用なども異なるため、自分に合う方法を探してみましょう。

最近ではセルフホワイトニングのサロンや市販品のホワイトニング剤などもありますが、それらで使われている薬剤は濃度が低く、効果が出るまでに時間がかかると言われています。その点、歯科医師免許を持っている審美歯科であれば、濃度の高い過酸化水素という漂白剤を使うことができ、より早く効果を実感することができます。

当サイトでは、審美歯科で行われるホワイトニングの種類について紹介しています。ホワイトニングをしてみようかと考えている方は、参考にしてみてください。